男

育毛剤はランキングから選ぶ|効果バツグンでバイバイコンプレックス

AGAにも有効な治療法

男性

植えた後の脱毛リスク

AGAは脱毛物質の濃度が高くなることによって発症しますが、しかし自毛植毛をした場合は濃度の高さは関係ないのです。自毛植毛をする場合は髪の毛の量が豊富なところからドナーを採取して移植を行うことになりますが、髪の量が豊富なところは脱毛物質の影響は受けていません。そして移植をした場合でもその特性を持ち続けるのです。ですからAGAによる薄毛の場合でも、移植後に脱毛物質の作用でまた脱毛をすることはなく、健全な髪の毛として育ち続けてくれます。ただし、人工毛髪を植毛する場合ですと根本的な原因で抜け落ちます。たとえAGAではない場合でも抜け落ちてしまう施術ですので、自毛と人工毛の違いを知った上で選ぶことが大切です。

移植が良い理由とは

植毛をするメリットは薄毛の改善効果が早くに見えることです。特に人工毛髪を利用する場合は確実にボリュームをアップさせることが可能ですし、増やしたところに増やしたいだけ植毛をすることができます。自毛植毛の場合ですと発毛するまでに時間が必要ですのですぐに薄毛を改善できる訳ではないのですが、しかしながら発毛する確率が非常に高いという特徴を持っています。仮に薬による治療をする場合ですと確実に生えるという保証はないですし、現に治療をしても生えてこないケースも少なくないとされていますが、自毛植毛の場合は95%以上の方に発毛が確認されているのです。つまり成功率が非常に高く、確実に発毛をしたい方に人気となっています。